資料請求

施工事例WORKS OF SPAZIO HOUSE

上下左右につながる家族と空間

02

  • T様邸
  • 大阪市都島区
  • 新築注文住宅

吹き抜けと地窓、スケルトン階段で上下階をつなぐ

2人目のお子様が生まれるのを機に、家づくりを計画されたT様ご一家。建築家の塩見夫妻に伝えた要望は、「第1に頑丈さ、そして1つ1つの部屋が独立せず、つながっていること」。これを受けて塩見氏は、地盤改良を行った上で重量鉄骨を用いて頑強な3階建ての家を設計。吹き抜けに面した3階の居室には地窓を設け、キッチンに居ながら子供たちの気配が感じられるように。上下階をつなぐ階段にはスケルトンタイプを選び、ガラスドアを通して明るい光をリビングへと導いています。

バリをイメージした落ち着けるインテリア

施工は3社に合い見積もりを取り、施工技術や価格面はもちろん、地元密着でアフターメンテナンスがしっかりしていることから、当社を選んでいただきました。内装はバリをイメージした落ち着ける雰囲気に。床材は栗の無垢材を採用、天井には装飾梁を渡し、リビング中央にある鉄骨の柱には籐を巻いてアジアンテイストを強調しました。1階はご主人がひとりの時間を愉しむ和室の書斎を設け、2階には水廻りを集約。お料理から洗濯まで短い動線で効率的に家事ができます。奥様は家族の気配を感じながらキッチンで過ごす時間が大のお気に入り。入念に計画された空間は、家族の絆を育くむ力があることが実感できます。

  • 1F
  • 2F
  • 3F
  • RF

S造

構造
S造
階数
3階建て
竣工
2011年7月
設計
一級建築士事務所 Via BARTOLO34
施工
新宅工務店
敷地面積
77.62m2
延床面積
186.48m2(56.4坪)
建築面積
62.03m2

ここがスパジオTHIS IS SPAZIO

  • 一級建築士事務所 Via BARTOLO34
  • 建築家 塩見 英之氏・京子氏
あらゆる空間と意匠に創意工夫を凝らして

高さ規制をクリアしつつ、構造面で工夫をして天井高を確保し、快適な空間を創り上げました。寝室に縁側を設けたり、柱に籐を巻き外観の鉄格子をデザインしたりなど、あらゆる面でオリジナリティーを出しています。

  • 新宅工務店 大阪
  • 現場担当者 山岡 豊
難しいご要望や新しい挑戦も必ず実現させます!

「鉄骨に籐を巻く」というご要望は初めてで最初は戸惑いましたが、専門の職人を見つけて意図を伝え、建築家の意図が実現できるよう現場を監督。リビングのアクセントにもなって、お施主様にも喜んでいただけました。