資料請求

ニュースNEWS & PRESS RELEASE

耐震構法SE構法|豆知識 No.7「ドリフトピン」

本日は、耐震構法SE構法のドリフトピンについてです。

ドリフトピンもいくつか種類があってどのサイズ゙のピンをどの部位に使用するか決まっています。そして、これらのドリフトピンを打ち込む時にも注意が必要なんです。大工さんが一本一本向きを合わせて打ち込んでいます。

SE構法の構造材の集成材の向きにドリフトピンの『羽根ハネ』の向きを合わせます。これを合わせないとSE構法の構造材を傷めてしまうこともあり得るのです。

 

COLUMN

2017年12月26日更新