資料請求

ニュースNEWS & PRESS RELEASE

耐震構法SE構法|独自の技術 – 地盤・基礎(耐圧版)

基礎設計

全棟、地盤と建物をつなぐ基礎から構造計算することで、家は倒れない。ほとんどの木造住宅では実施されない、基礎の構造計算。

「耐震構法SE構法」では、地盤調査に基づき、基礎の構造計算を全棟で実施しています。地面からの反力を受け止める耐圧版。耐圧版は、建物の荷重と同じ圧力を地面から受けます。地盤から均等に力が押されるのではなく、小さなバネが複数あると仮定するため、力のかかり具合によって耐圧版にはゆがみが生じます。耐圧版が弱ければひび割れが生じることもあるため、その厚さや鉄筋の太さを適切に設計することが求められます。

震度シュミレーション(熊本地震)➡http://www.ncn-se.co.jp/oshirase/wallstat/
耐震木造住宅スパジオゼロ    ➡https://youtu.be/SYZMDA_qZCM

 

COLUMN

2018年2月23日更新