資料請求

ニュースNEWS & PRESS RELEASE

耐震構法SE構法|独自の技術 – 地盤・基礎(地耐力)

基礎設計

全棟、地盤と建物をつなぐ基礎から構造計算することで、家は倒れない。ほとんどの木造住宅では実施されない、基礎の構造計算。

「耐震構法SE構法」では、地盤調査に基づき、基礎の構造計算を全棟で実施しています。建物を支える地耐力とは。「耐震構法SE構法」は、すべての建築物を基礎まで構造設計を行っています。上部構造から基礎構造への作用する力の分布を明確に算出することができるため、基礎もFEN解析を行うことで上部構造に適した基礎の計画が可能です。建物の接地圧(上部構造の重量+基礎の重量)と、地盤の強さを表す地耐力とを比べた場合、地耐力が上回る必要があります。

耐震構法SE構法では、この地耐力の基準を満たし、基礎を含めた建物の「安全性」を計算しています。

震度シュミレーション(熊本地震)➡http://www.ncn-se.co.jp/oshirase/wallstat/
耐震木造住宅スパジオゼロ    ➡https://youtu.be/SYZMDA_qZCM

 

COLUMN

2018年2月22日更新