資料請求

ニュースNEWS & PRESS RELEASE

耐震構法SE構法|SE構法で建てるメリット

SE構法の特徴

SE構法は、

•集成材の使用
•SE金物で構成
•すべての家で構造計算
という3つの特徴があります。

(集成材の使用)
まず、集成材の使用ですが、集成材は、ムクの木材と違い、精度や乾燥による収縮、反りなどが小さく、精度が高いです。また、ムク材よりも1.3倍の強度が認められています。そのメリットとしては以下のことが挙げられます。

(室内の空間を広くすることができる)
柱や梁を細くすることができますので、天井を高くするなどの室内の空間を広くすることができます。

(広い空間でも対応できる)
木造では、一定間隔で梁の下に柱を設けないといけません。ムク材の場合、その間隔はだいたい2間(3.6m)までが一般的です。あまり間隔を拡げると地震などに弱くなりますし、天井が下がってきたり、建具が閉まらない(開かない)などの不具合が出ます。梁の強度が高いものを使うと、その柱の間隔を拡げることができるのです。つまり、ムクの木材より強度の高い集成材では、柱を設けないといけない間隔が広がりますので、ムク材よりも大きな空間を実現できるのです。

(SE金物の使用)
在来工法ではプレカットなどで「ほぞ」や「継ぎ手」を刻みそれを接合するのですが、SE構法ではその断面欠損をできる限り小さくできるプレートとドリフトピンで接合する方法をとっています。また、SE構法で使われる金物はカチオン電着塗装をしています。錆びに対抗するための方法ですが、促進試験では沿岸地域でなければ100年の耐久性があると認められています。ちなみに、沿岸部ですと、10年相当のようです。金物は錆びると強度が著しく低下します。建築中の雨などの養生をしっかりとしないといけません。

(すべての家で構造計算)
構造計算が義務付けられるのは、「3階建て以上の木造建物」と「2階建て以上の鉄骨、鉄筋コンクリート造の建物」です。つまり、2階建ての木造住宅では、家の構造の強さを確認するための計算は必要ありません。

(壁量の計算は行います)
ただ、SE構法では、大規模建築物と同様に応力解析による構造計算を行っています。地震はもちろん、台風などの自然災害もシミュレーションし、その安全性も確認。もしもに備え、最長20年の保証も構造に対してついています。住宅性能表示でもこの構造部分の強度は証明しないといけないことになっていますが、初めから計算する前提での価格設定になっていることは、メリットとして高いのでは
ないでしょうか。

震度シュミレーション(熊本地震)➡http://www.ncn-se.co.jp/oshirase/wallstat/

耐震木造住宅スパジオゼロ    ➡https://youtu.be/SYZMDA_qZCM

 

COLUMN

2018年6月2日更新